横浜で、オススメのスポットを紹介します。

横浜で、オススメのスポットを紹介します。
ブリキのおもちゃ博物館は、大人も楽しめるおもちゃが揃う施設です。
こちらの施設の館長は、ブリキのおもちゃコレクターで知られる北原照久さんで、古い洋風建物を改修した
洋館には、明治期から始まって、鉄人28号や鉄腕アトム、ウルトラマンなど、昭和の中頃に日本で作られたものを
メインに貴重なコレクションが揃う施設で、大人も子供も楽しめる施設だと思います。
ロボットから、乗り物、動物などバラエティに富んだおもちゃが揃っています。
こちらの施設は、中華街駅6番出口から徒歩5分ほどで、営業時間は、9時30分から18時までで、土、日、祝日は
19時までです。入館料金は、200円です。
ヨコハマ猫の美術館は、猫好きのオーナーが開いた個人美術館だそうです。
世界各国の猫をモチーフにした絵画や工芸品がとろこ狭しと並んでおり、猫の動きや、表情などを捉えた作品を見ると、
心が和む施設でした。また、作家のオリジナルの猫グッズも販売されており、観光客も楽しめる施設だと思います。
こちらの施設の交通アクセスは、中華街駅から徒歩10分ほどで、営業時間は、12時から18時までで、
月曜日から金曜日(祝日の場合は閉館)は、閉館です。入館料金は、300円です。

横浜で、オススメのスポットを紹介します。

サッカー日本代表がまた冬の時代になりそうだ

サッカーの日本代表が初めてサッカーのW杯に出場したのが1998年のフランス大会、正直なところその頃は、日本がW杯に出場できると思ったことがなかったのでかなりびっくりしたものです。もしかしてこれは他の国のレベルが落ちているのかもしれないなどと思ったり、とにかく日本は国際親善試合で勝ったことがなく、当然お隣のサッカー大国?韓国には手も足も出なかったわけです。それがそれからのJリーグを含めた協会の強化策が功を奏したのか、それ以降、W杯全大会に出場しているわけです。それがです。ここにきて急速にレベルダウンしているのです。昨日行われた、東アジア大会の日韓戦しかも決勝でしたが、日本代表のパフォーマンスはみるに耐えない試合でした。ここ数年で最悪の試合ではなかったでしょうか?タレントも全くいないただのサッカー選手ばかり、現状の環境維持しか考えないサッカー協会のもと日本国内のJリーグの枠の中で戦っていては、また暗黒の時代に後戻りです。しかも女子サッカーも同じ現象です。サッカー選手は世界に出るべし!強く思ったわけです。

サッカー日本代表がまた冬の時代になりそうだ